前人未踏の領域へ アプリ開発編

Android, iOSアプリ開発に関する調査メモ置き場。ほとんどAndroid。はてなダイアリーから移行したため古い記事にはアプリ以外も含まれます。

Material Design 準拠のdividerを作る

Material Designではdividerについても言及している。作っておくと何かと便利なので作成しておく。

仕様

https://www.google.com/design/spec/components/dividers.html#dividers-specs
にある通り

  • 厚さ1dp
  • 12%白または黒の12%の不透明度(テーマの明暗により使い分け)

実践

  1. 色を作る
  2. スタイルを作る
  3. コンポーネント化する
  4. includeして使う
色を作る

まず色を作る。黒の12%は255 * 0.12 = 30.6 = 0x49 なので

values/colors.xml
<color name="divider">#49000000</color>
スタイルを作る

次にスタイルである。縦と横に対応できるよう2つ作っておこう

values/style.xml
    <style name="divider">
        <item name="android:background">@color/divider</item>
    </style>

    <style name="divider_horizontal" parent="divider">
        <item name="android:layout_width">match_parent</item>
        <item name="android:layout_height">1dp</item>
    </style>

    <style name="divider_vertical" parent="divider">
        <item name="android:layout_width">1dp</item>
        <item name="android:layout_height">match_parent</item>
    </style>

ちなみにv11からはandroid:alphaが使えるのでそちらを利用するという手もある。

values-v11/style.xml
    <style name="divider">
        <item name="android:background">@color/black</item>
        <item name="android:alpha">0.12</item>
    </style>
コンポーネント

どのViewからも使えるようにコンポーネント化しておこう。階層が深くならないよう、mergeを用いる。

layout/component_divider.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<merge>
    <View style="@style/divider_horizontal" />
</merge>
Includeして使う

あとは任意のviewからincludeするだけ。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:orientation="vertical">

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:gravity="center_vertical"
        tools:text="サンプルテキスト" />

    <include layout="@layout/component_divider" />
</LinearLayout>

親Viewのpaddingの影響を受けてしまうのでその辺は工夫して使おう。