前人未踏の領域へ アプリ開発編

Android, iOSアプリ開発に関する調査メモ置き場。ほとんどAndroid。はてなダイアリーから移行したため古い記事にはアプリ以外も含まれます。

インストール

確認環境

仮想環境にてテスト

Chef使った方がいいかもだけど今回は直接インストール。さらにいうとapt-getでredisのインストールもできる。

事前準備

ソースを落としてきてコンパイルするのだが、その前にccとtclコマンドがないとエラーになるので事前にインストールする。

$sudo apt-get install gcc
$sudo apt-get install tcl

インストール

$ wget http://download.redis.io/releases/redis-2.8.13.tar.gz
$ tar xzf redis-2.8.13.tar.gz
$ cd redis-2.8.13
$ make

makeしようとするとjemallocがどうとか怒られるかもしれない。RedisのREADMEを読むとjemallocはMac OS Xの場合らしい。Vagrant上ではUbuntuを使用しているので下記のように明示して実行した。

$make MALLOC=libc

テスト

makeが完了するとmake testしとけと言われるので実行する。ここでtclがインストールされいか古いとエラーになる

$make test
..中略
\o/ All tests passed without errors!

テストは時間が多少かかるが終わると祝福してくれる。

開始

redis-serverを実行するとredisが起動する。

$ src/redis-server

CLI環境

サーバーを起動したらredis-cliでアクセスできる。

$ src/redis-cli
redis> set foo bar
OK
redis> get foo
"bar"
redis> help
redis-cli 2.8.13
Type: "help @<group>" to get a list of commands in <group>
      "help <command>" for help on <command>
      "help <tab>" to get a list of possible help topics
      "quit" to exit
redis> quit 
$

quitで終了